主婦が株で稼ぐために試行錯誤するブログ

まりあのデイトレ日記

トレードの事

指数の日足はとても大事

投稿日:

こんにちは☆

今日もトレードはせず、家の事をしながら相場観測していました。

今週はなんだか荒れましたね。日経の値幅が大きいです。

また、メルカリの上場を皮切りに、ログリー(6579)SIG(4386)コーア商事HD(9273)ZUU(4387)ライトアップ(6580)など、続々と新規上場しており、各市場の売買代金上位に入っています。

IPOは私には難しいし、今回も私には単価が高くて買えないものも多いし、なにより痛い目見た事があるので、値動きの勉強だけしています。

来週もいくつかIPOがあるので、楽しみです。

指数の日足

以前の記事、デイトレと指数の関係でも書きましたが、デイトレードにおいて各指数をしっかりとみる事はとても重要だと思っています。

※私がここで言う指数とは、日経平均先物&現物・マザーズ指数です

指数に関係なく動く銘柄ももちろんたくさんありますが、連動する銘柄もたくさんあります。

さらに。

「その日の各指数がどのような日足になるのか」を考える事。

陽線になりそうなのか、陰線になりそうなのか。

それが大きくなりそうなのか、小さくなりそうなのか。

長いヒゲがつきそうなのか。

5日線の上で始まる(終わる)のか下で始まる(終わる)のか。

などなど。

そして、最も重要な事は。

これは、値動きを予想するためにやるわけではない、という事です。

では、何のためにやるかと言うと。

「その日一日、自分が強気でいくか弱気で行くか」を決めるためです。

銘柄は全体の雰囲気に逆らえない

もちろん、全体の雰囲気とは全く関係なくアゲアゲorサゲサゲの銘柄もあったりします。

私は、デイトレードというのは、そういう銘柄を売買する事だと思っていた時もありました。

でも、私がデイトレの勉強を始めてから見てきた銘柄は、仕手株も含めてほとんど、その日の指数の動きに少なからず影響を受けています。

描くチャートはそれぞれ違っても、転換するポイントが同じ時刻の事も多いです。

そして、ここからが私の中で最も重要なのですが...

指数が陽線を引きそうな日は銘柄の動きも元気だし、陰線を引きそうな日はやっぱり銘柄の動きも元気がないのです。

文章にしてみると当たり前の事のように思えますが、これが不思議と、トレード中は意識が薄れてしまう事が多いのです。

素早い判断をするために

私の失敗で一番多いのは、利確を粘って結局損切になってしまう事。

これは多くの方が経験されている事と思います。

なぜ粘ってしまうのか。

期待する気持ちが少しでもあると、人間欲が出てしまうからじゃないかと思います。

では、何をそんなに期待してしまうのか。

「自分が買った銘柄は強い動きをするのではないか(最近強い動きだったから)」

私の場合、この謎の思い込みが大きな原因の一つだと思います。

全体の雰囲気が弱気なのに、自分だけなぜか強気。

このような時に、私は損切する事が多いです。

全体の雰囲気が強気なのに、自分だけ弱気。この場合は、チキン売りという事になるのかもしれませんが、私の中では利確なら良しです。

でも、指数の日足が大陽線になりそうな時などは、利益をきちんと伸ばす事ができるかもしれません。

このように、その日の相場が始まる前に、

「今日の指数はどんな足になりそうか」

と考えておく事で、素早い判断がしやすくなるかもしれないと、考えています。

まとめ

来週はがんばってトレードしたいなと思います。

皆様良い週末をお過ごし下さい☆

読んでいただきありがとうございました
(*´∀`)♪

応援頂けるとうれしいです♡

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

-トレードの事

Copyright© まりあのデイトレ日記 , 2018 All Rights Reserved.