主婦が株で稼ぐために試行錯誤しています

まりあのデイトレブログ

トレードの事

失敗トレードから学ぶ事

投稿日:

こんにちは☆

今日は、自分の失敗率が高いトレードについて考えてみたいと思います。

ここ数ヶ月、成功率が高いチャートパターンでトレードする事を心掛けており、それに加えて期待値の高いパターンを覚えていくという事を少しづつ進めています。

デイトレのコツを少し掴んだかな?!|デイトレ手法&マイルール

こんにちは☆ 今日は、定期的に行っている自分の手法とマイルールの見直しをしたいと思います。 前回の見直しで、得意な手法ができてきたと書きました。 今回は、より自分の中に落とし込むためにその手法を記しま ...

続きを見る

その中で、得意パターンを増やす事に注力する事はもちろん大切だけど、自分がどのパターンで失敗するかを考える事でマイナスを少しでも減らしていこうとも思いました。

私の失敗率が高いトレード

今の私のトレードを考えると、どう考えても逆張りの方が苦手です。

性格的にも順張りの方がわかりやすくて、逆張りは苦手意識も強く、なかなか勉強が進みません。

けれど、逆張りといっても下落チャートのどの部分を狙うかで、勝率がかなり変わってくる事がわかりました。

私の場合、最近何度か成功している逆張りパターンは、朝イチのGDを狙うパターンです。

チャートとしてはこんなカンジ。

※カタチとしてわかりやすいチャートをのせていますが、実際の売買はしていません

逆に失敗して大きめの損切りになってしまうのは、リバウンド狙いでエントリーしたものの、思うように反発せずにさらにだだ下がりとなり損切りが遅れるパターンです。

※カタチとしてわかりやすいチャートをのせていますが、実際の売買はしていません

なぜ失敗してしまうのか

「リバウンド狙いでエントリーしたものの、思うように反発せずにさらにだだ下がりとなり損切りが遅れる」というトレードの一番の問題点は、「思うように反発せず」というところかと思います。

思うように反発しないのならば、自分が狙っていたパターンではなかったという事なので、速やかに損切りしなければなりません。

そして、思うように反発しなかったのに損切が遅れてしまう理由として...

私の場合、狙っていたパターン自体が問題だったんじゃないかと思います。

私が狙っていたパターンというのが、「下落トレンド→上昇トレンドとなる転換点」。つまり大底です。

※カタチとしてわかりやすいチャートをのせていますが、実際の売買はしていません

今こうしてよく考えてみれば、「誰でも大底で入りたい」「狙う人が多い」という事は、「さらにそれを狙う人も多い」という事ですよね。

初心者にとってわかりやすいポイントは、逆に難易度が高いんだなという事がわかりました。

とにかく、「これだけ下がったのだからそろそろ大きめの反発があるだろう」程度の何の根拠もない素人の考えは、ベテラントレーダーさんにとっては美味しい以外の何物でもないという事だと思います。

失敗トレードから学ぶ事...まとめ

今の私には、「大底狙い」は無理だということがわかりました。

ちなみに、「下落途中の小さい反発を狙う」ことも難しいです。

ではどうするか。

今は、失敗率の高いトレードはしないようにしようと思います。

つまり、「大底は狙わないようにする」ことにしようと思います。

「下落途中の反発を狙う」ことに関しては、少しづつ勉強を進めているのでチャレンジできそうな時があればやってみるかもしれません。

けれど全然自信がないので、まだまだ実際にエントリーはできないかな...

逆張り難しいですー( ;∀;)

ただ...今年一年を通して相場をみてきて...

ここからは逆張りができないと厳しいんじゃないかと感じます。

いよいよもっと真剣に逆張りの勉強をしなければ!!

できるかどうかはわからないし、急にできるようになることは100%ないので、ぼちぼちと頑張っていこうと思います☆

読んでいただきありがとうございました

応援頂けるとうれしいです♡

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

-トレードの事

Copyright© まりあのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.