主婦が株で稼ぐために試行錯誤しています

まりあのデイトレブログ

主婦業・母親業

麗しきママ友の世界

投稿日:2018-04-30 更新日:

こんにちは(о´∀`о)

さて、先日の記事で触れましたが、今年度PTA役員になった事で、とても忙しくなりました。

実務的な事は、決められている事をやるだけなので全く難しい事はありません。

何が難しいかと言ったら、やっぱり人間関係!!

どの世界でも、結局人間関係が問題だと、改めて思い知らされます。

今日は、株歴2年目ママ歴12年目の私が経験した、楽しくもちょっと怖いママ友の世界を少しだけご紹介したいと思います。

子ども0~3歳期

今思い返しても、乗り切った自分を自分で褒めちぎりたいくらい過酷だったこの時期。

ママ友界には、長男の生後3ヶ月検診の時隣に座った方に声をかけられデビューしました。

そのママ友が度々誘ってくれて他のママ達とも交流が始まり、お家を行き来するように...

お家に誘ってもらったら、うちにも誘わなくてはいけない...
「うちに誘うのがめんどくさいからママ友とのお付き合いは辞めよう」という選択肢ではなく、「子どもが生まれたらこれが普通なのかと思って必死で家を掃除する」という選択肢を私は選びました。

毎日当たり前のように公園にも行っていました。
もちろんそこでも、小さな我が子のために一生懸命なママ達が集まっていて、世間話や細かいルールに圧倒されました。

子ども幼稚園児期

いよいよ入園!!子どもにとっては初めての社会生活!!子ども達も不安でいっぱいですが、それ以上に不安なのが親心です。

そしてその不安感をすべて幼稚園にぶつける保護者、子どもが登園後も幼稚園の前から離れずずっと覗いている保護者、とにかく本当にいろいろな方がいらっしゃいました。

ママ友とのお付き合いも拍車がかかります。

月2~3回のランチ。

子ども達を遊ばせるために、幼稚園後に今日はどこかのお家今日は公園...と毎日誘われ、帰りが18時頃になるので朝から晩御飯の用意をしておく、という日々が続きました。

お家に遊びに行く時や遊びに来てもらう時は、子ども同士に加えて親同士の関係性にも配慮してメンバーを選ばなくてはならず、本当に難しかったです。

我が子が通ったのは幼稚園で、フルタイムで働いているお母さんはほとんどいなかったので、お付き合いが密だったように思います。

行事の日は、ファッションショーとまではいかなくても、それぞれに気合いが入った雰囲気で充満するので、特にファッションに拘りがなくユニクロLOVEの私は本当に困りました。

今思えば、幼稚園児はまだまだ手がかかり、親は体力的にも精神的にもまだまだキツい時期なので、ピリピリしやすかったかもしれません。

子ども小学生期

子どもが小学校に入学すると、働き出すお母さんがぐっと増えました。

対して、行事が幼稚園よりは少なく、送り迎えもないので、ママ友に会う機会はぐっと減ります。

子どももどんどん手がかからなくなり、今まで子どもに集中していた意識が少しずつ違うところに向くようになりました。

すると、今まであまり見えていなかったママ友との関係性もうっすら見えてきました。

会う必要性のないママ友とは自然に会わなくなりました。

「ママ友は本当の友達ではない」と言われるのもわかる気がします。

でも、私にとって友達は「楽しい時間を共有する人」。

今は会うことが少なくなったママ友とも、子どもについての悩みをうちあけ合い、励まし合い、大変だったけど楽しい時間を一緒に過ごさせてもらいました。それは私にとってはとても有り難く貴重な経験でした。

子ども達が小学生になりママ友との関係性は少し変わりましたが、今もその関係を通して貴重な経験をさせてもらってる事は変わりません。

子ども達が成長すると共に親も成長しているだけ。

でもそれが故に、母としてのプライドが高くなり、自己顕示欲や承認欲求が強くなる人が出てくるのかもしれません。

まとめ

今年度私は、自己顕示欲と承認欲求の渦巻く世界に身を置くことになりました。

これからも、楽しくもちょっと怖いママ友とのお付き合いは続きそうです。

読んでいただきありがとうございました
(о´∀`о)♡

応援頂けるとうれしいです♡

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

-主婦業・母親業

Copyright© まりあのデイトレブログ , 2018 All Rights Reserved.