主婦が株で稼ぐために試行錯誤するブログ

まりあのデイトレ日記

トレードの事

株初心者のテクニカル分析。トレンド系とオシレーター系

投稿日:2018-09-10 更新日:

こんにちは。

みなさんは、普段どの指標を用いてトレードしていますか?

テクニカル分析と言ってもとてもたくさんの種類があり、またトレード初心者には難しすぎるものも多いです。

中長期トレーダーさんはファンダメンタル重視の方が多いかもしれませんが、やはり闇雲に売買するよりは指標があった方が心強いですよね。

私は2017年に株を始めたのですが、最初の一ヶ月はチャートを全く見ずに売買していました。

「チャートの見方がわからない」というレベルをはるかに下回る、「どこを見ればチャートがでてくるの??」と検索するレベル。

それで実弾でトレードしていたのですから、自分でも恐ろしすぎです((((;゚Д゚))))

そんな20ヶ月前の私が今の私を見たら、「よくぞここまで...涙」と成長を喜ぶでしょう。

けれどもちろん、今の私は喜んでいいレベルではない事は自覚しております。

やっとスタートラインに立ちつつある私ですが、今までインプットしてきた事をアウトプットする事で覚えた知識を脳みそに定着させたく、今回は覚えた事で大事なことを記録したいと思います。

テクニカル分析の分類

テクニカル分析は、大きく2つに分類されます(最近まで知りませんでした(;'∀')

トレンド系:主に相場の方向性を判断する

オシレーター系:主に相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する

そして指標の分類は。

トレンド系:移動平均線・VWAP・ボリンジャーバンドなど

オシレーター系:RSI・ストキャスティクス・MACDなど

さらに。

・上昇トレンドが発生すると買いサイン、下降トレンドが発生すると売りサインを出すのがトレンド系指標の特徴のため、順張り派の投資家はトレンド系指標を使う

・現在の相場が買われすぎと見ると売りサイン、売られすぎと見ると買いサインを出すのがオシレーター系指標の特徴のため、逆張り派の投資家はオシレーター系指標を使う

知らなかったー!!

私はオシレーター系の指標が苦手で、表示していてもいまいちピンとこなかったのですぐに表示する事すらやめてしまいました。

脳みその構造がバリバリ順張りだったようです。

トレンド系オシレーター系指標について

私が普段使っている指標は、移動平均線とVWAPです。

日足を見る時にボリンジャーを使う事もあります。

「トレンド系」や「順張り」を意識して使っているわけではないのですが、見事にトレンド系の指標ですね。

私が移動平均線とVWAPを使う理由は、平均線とVWAPが支持線や抵抗線になる事が多いからです。

初心者でも比較的売買の判断がしやすいと思っています。

オシレーター系の指標については前述の通り、私には「???」。

けれど、今までは順張りも逆張りも関係なくただ闇雲に表示させていただけだったので、これから逆張りの勉強の時にしぼって使えば何かが見えてくるかもしれません。

私が逆張りの勉強で今課題としているのは指値を決められるようになる事なのですが、オシレーター系の指標を使ってやってみようかなと考えています。

初心者のテクニカル分析まとめ

何分勉強不足で、皆様の参考になるような事が書けなくて申し訳ありませんm(__)m

テクニカルについて調べた事、勉強した事などを追記していきたいと思っていますので、よろしくお願いしますm(__)m

読んでいただきありがとうございました

応援頂けるとうれしいです♡

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

-トレードの事

Copyright© まりあのデイトレ日記 , 2018 All Rights Reserved.